RSS | ATOM | SEARCH
チェーザレ 破壊の創造者 (惣領冬実)
チェーザレ 1―破壊の創造者 (1) (KCデラックス)
チェーザレ―破壊の創造者
惣領 冬実

マンガです。イタリア版『銀河英雄伝説』だと、僕は勝手に思っています。あと、盟友が表の道(聖職者)と裏の道(暗殺者)にわかれて協力し、野望の階段をのぼるという意味では、イタリア版『サンクチュアリ』かも。

●主人公は『君主論』のモデル

漫画のタイトルのとおり、主人公はルネサンス期の教会軍司令官チェーザレ・ボルジア。マキャベリの『君主論』のモデルになった権謀術数の野心家です。

物語は西暦1491年からはじまります。コロンブスが歴史的な航海に出発するすぐ前の年ですね。チェーザレはまだ16歳。のちにチェーザレの腹心として闇社会で活躍するドン・ミケロットも、まだおなじく16歳の少年です。チェーザレもミケロットも美少年です。

●美少年がふたり

才能のある美少年ふたりが野心をもって活躍する物語をみると、つい田中芳樹さんの小説『銀河英雄伝説』を思い出します。チェーザレとミケロットが、どうもラインハルトとキルヒアイスに見えてしまいます。ですから漫画『チェーザレ』は、僕の中ではひそかに(本当にひそかに)イタリア版『銀河英雄伝説』だったりします。

●ワインが飲みたくなる漫画

村上春樹さんの小説を読んでいるとビールが飲みたくなりますが、これはワインが飲みたくなります。漫画の中で僕が一番好きなセリフは、チェーザレがアンジェロにいう「こっちに来い。飲みなおそう」です。あ、まだ飲むんだ♪と嬉しくなります。
author:あーりー, category:歴史漫画, 15:37
-, -, pookmark