RSS | ATOM | SEARCH
国盗り物語 斉藤道三
国盗り物語 1巻(斎藤道三)
国盗り物語 2巻(斉藤道三)
司馬 遼太郎

僕にとって歴史小説の入門編は「信長と秀吉と家康」でした。それを読み終えて、次に手にしたのがこの作品です。

「国盗り物語」は前半と後半で主人公が変わります。前半(1〜2巻)の主人公は斉藤道三。マムシと恐れられた戦国武将です。後半(3〜4巻)の主人公はかれの娘の夫・織田信長なんですが、ここではまず斉藤道三のことを書きたいと思います。

■ケンカの強いお坊さん

この本を初めて読んだときのことを、今でもよく覚えています。

ある本屋で何気なく手に取ったんです。

やたらケンカの強いお坊さんが出てきました。

骨っぽくて、野心があって、気宇壮大。

「なんだこの坊さん!」

引き込まれました。


■地位もない。金も何もない

きょう明日の喰うあてすらないお坊さん。

そんな彼が「国主になりたい」とつぶやくところから話ははじまります。

このお坊さんがのちの斉藤道三です。



■小説は事実よりも奇なり

小説の道三は、何もないところから才覚ひとつでのしあがって、たった一代で美濃の国主にまで成り上がります。


ユカイ痛快。


でも実際は親子2代による国盗りだったと言われていますよね。

まあ、それはそれ、これはこれということで。小説の道三の魅力に変わりはありません。

何年か前に「白い巨塔」をリメイクしたドラマが放送されましたよね。唐沢寿明さんが演じる主人公の財前教授を見たとき、この小説の斉藤道三を思い出しました。

見た目はクールなのに、内心では野心ギラギラっていう。

「ああ、この手があったか」とか「これが成り上がりのコツか」と驚かされます。なんにせよ、野心を持ってる人はかっこいいですね。
author:あーりー, category:戦国時代(斉藤道三の歴史小説), 12:22
-, -, pookmark