RSS | ATOM | SEARCH
小説 徳川秀忠 童門冬二(著)
小説 徳川秀忠
童門冬二(著)

●あらすじ

徳川幕府の第2代将軍、徳川秀忠が主人公の小説。彼の目を通して、関ヶ原の戦いや大坂の陣、さらに3代将軍家光への政権移譲などが描かれています。

歴史を現代のビジネス社会に例えたり、文中に箇条書きを用いるという手法は、童門冬二の特徴ですね。

●感想

徳川幕府の創業者は家康です。3代目は生まれながらの将軍、家光。このふたりに挟まれて、2代目の秀忠はなんとなく地味なイメージがあります。でもこの小説を読むと印象が変わります。

秀忠は関ヶ原の戦いに遅刻しました。これだけでも「秀忠は無能だ」といわれてしまいがちなんですが、本書は違います。

「秀忠はあえて関ヶ原に遅参した」という視点から、なるべくフィクションを排除した作風で、彼が有能な2代目だったことを浮き彫りにしています。

小説 徳川秀忠
author:あーりー, category:江戸時代(徳川秀忠の歴史小説), 08:19
-, -, pookmark