RSS | ATOM | SEARCH
戦国武将・九戸政実 秀吉にケンカを売った男
歴史ランキングの応援よろしくお願いいたします。

天を衝く〈1〉―秀吉に喧嘩を売った男九戸政実 (講談社文庫) 天を衝く〈2〉―秀吉に喧嘩を売った男九戸政実 (講談社文庫) 天を衝く―秀吉に喧嘩を売った・男九戸政実〈3〉 (講談社文庫)

天を衝く〈1〉―秀吉に喧嘩を売った・男九戸政実
天を衝く〈2〉―秀吉に喧嘩を売った・男九戸政実
天を衝く〈3〉―秀吉に喧嘩を売った・男九戸政実
高橋 克彦(著)

読み終えて、抜群のカタルシスを味わいました。ラストシーン。風がどっと吹いて木々を揺らす場面があります。その力強さ、爽快感はまさに九戸政実の生き方そのものだったなぁ、と。


<あらすじ>

主人公の九戸政実は東北地方の戦国武将です。同年代の織田信長を意識しながら、九戸党をひきいて乱世を駆けめぐります。

やがて秀吉の時代になると、東北の武将はほとんど秀吉に屈しました。でも政実の九戸党は様々ないきさつから秀吉軍と真っ向勝負することになります。

<感想>

前半は政実と敵対勢力による国内での主導権争いが中心です。策がいっぱい。それぞれがそれぞれの策を繰り出しながら、先の読み合いです。

人々をうまく躍らせている、と思い込んでいる人が、じつは誰かの手の中で踊っていたり。ライアーゲームに似た知的興奮がありました。

ときには政実が二重三重の罠にはまってどんどん追い込まれてしまうこともあって、スリル満点です。

また36歳の政実が、

「三十六だぞ。これから先、何年残されているか分からぬ歳となった。無駄なことに費やしている暇はない。天下を揺さぶっている織田信長とて俺よりわずか二歳年長でしかない」

と焦るのも印象的でした。頭が切れて、度胸があって、いくさでは負け知らず。そんな政実が垣間見せる人間らしさが妙に生々しくて親近感を抱きました。

おかげで、後半からラストに向けての怒涛の展開が、よりリアルに、より壮絶に映ります。

最大の盛り上がりはなんといっても秀吉軍との対決。10万の秀吉軍をたった5000人の少数精鋭で自由自在に翻弄する政実の腕前は、読んでいて気持ちが良かったです。

安心して読める力作です。読後感にスケールを感じます。
author:あーりー, category:戦国時代(九戸政実の歴史小説), 18:41
-, -, pookmark