RSS | ATOM | SEARCH
歴史に学ぶ人脈の作り方
絶海にあらず 下 (2) (中公文庫 き 17-9)
絶海にあらず 下 (2) (中公文庫 き 17-9)
北方 謙三(著)

今この本を読んでいます。雑感を書きとめておきます。

人脈の作り方がうまく描かれている小説だと思いました。

ただ会えばいいというものではないんですね。

会うこと自体は、あまり重要じゃないかも。

いつも心に何を持っているか。そっちのほうが重要みたいです。そこに惹かれて、主人公・藤原純友のもとに人が集まってきます。

もちろん、会って話をするのも大事ですが、会った時点でどんな共通の夢を描けるかってことのほうが、大事なんですね。

この小説を読んでて、そんなことを感じました。
author:あーりー, category:雑記, 10:26
-, -, pookmark