RSS | ATOM | SEARCH
絶海にあらず(下) 第14章 風の声
絶海にあらず 下 (2) (中公文庫 き 17-9)
絶海にあらず 下 (2) (中公文庫 き 17-9)
北方 謙三(著)

純友の反乱はとても変わっています。武器を持って戦うのは、反乱のほんの一部でしかありません。

今はおもに貿易で戦っています。

アジアに新しく建国された高麗と貿易をすること。これによって京都の中央政府を追い詰めようとしています。こういう戦い方もあるんですね。


でも、いよいよ武力むき出しでの全面対決に突入しそうです。



それにしても、人脈の作り方がうまく描かれている小説だと思いました。

人脈を作るには、ただ会えばいいというものではないんですね。

会うこと自体は、あまり重要じゃないのかも。

夢。共通の目的。そっちのほうが重要みたいです。そこに惹かれて、純友のもとにも人が集まってきます。

もちろん、会って話をするのも大事ですが、会ったときにどんな共通の夢を描けるかってことのほうが、大事なんですね。

この小説を読んでて、そんなことを感じました。


純友のもとには、たくさんの人材が集まっています。

陸戦の名人、海戦の名人、造船の名人、軍略家、優秀な商人。

彼らが目指すのは、自由な海です。そして、そこから生まれる利益です。

自由な海で、自由な交易をして、生活していく。そんな未来を夢見ています。



反乱というのは、別にロマンのためにやるわけじゃなくて、生きるためにやるんですよね。

生活のためにみんな戦っている。そういう一面が生々しくて、読み応えがあります。

純友もハッキリ言っています。

「海から海を走り回り、物を売り買いする。それが、俺が海に抱いた夢なのだ」


純友は瀬戸内海、九州近海に一大勢力を築きあげました。

京都との全面対決がすぐそこに迫っています。
author:あーりー, category:平安鎌倉(藤原純友の歴史小説), 13:33
-, -, pookmark