RSS | ATOM | SEARCH
『花は散るものを』 (蒲生氏郷)
目次によると、蒲生氏郷の小説という扱いになっていますが、蒲生氏郷本人は登場しません。

氏郷の死後、その死を不審に思ったイタリア人の家臣ロルテスが、死の真相をさぐっていく話です。

火坂雅志の短編集『壮心の夢 (徳間文庫)』に収められています。

<あらすじ>

氏郷は病死ということになっているが、じつは毒殺されたらしい、というわけで家臣の一人が真相究明に乗り出します。

氏郷を毒殺したのは誰なのか?

豊臣秀吉、石田三成、伊達政宗など、怪しい人物が次々と浮かんできます。

ある日、ロルテスは顔を隠した刺客に襲われます。その正体は意外な人物でした。

<感想>

いろいろな人に話を聞いて真相に近づいて行くというのが、探偵小説のようでもあり、RPGのようでもありました。

日本の美しさ、繊細な機微。そういうものが各所にちりばめられているような気がして、ちょっとだけ儚い気分になりました。

どこがどう儚いのかな。それを頭で解明してしまうと、せっかくの雰囲気が壊れてしまいそうなので、ただじっとこの気分を噛みしめていたい、っていう、そんな小説でした。

『壮心の夢』に収録されている他の作品、目次についてはコチラをどうぞ。
author:あーりー, category:戦国時代(蒲生氏郷の歴史小説), 11:28
-, -, pookmark