RSS | ATOM | SEARCH
『男たちの渇き』 (前野長康)
若き秀吉の出世にはずみを付けたのが、有名な「墨俣の一夜城」のエピソードですが、その伝説の立役者となったのが、蜂須賀党ですよね。

その首領といえば、もちろん蜂須賀小六。

そして副首領が、この短編の主人公である前野長康です。

この作品は、火坂雅志の短編集『壮心の夢 (徳間文庫)』に収められています。

<あらすじ>

前野長康は秀吉に頭を下げられて、「墨俣の一夜城」の築城を手伝います。

それがきっかけで秀吉に仕えるようになり、その後は、秀吉の出世にともなって自身も出世を重ね、10万6000石の大名になります。

夢のような栄達でした。でも長康は心に渇きを覚えます。

<感想>

出世の先に何があるのか、どんな人生の結末が自分を待っているのか、長康は知る由もなかったでしょうね。無常です。

話は変わりますが。

秀吉は尋常ではないスピード出世を遂げたので、周りの人をどんどん追い抜いていきましたよね。

だから、

それまで上司だった人間が、今日からは部下になる、という瞬間があるわけじゃないですか。

そのときのお互いの呼び方、言葉づかいがどんなふうに変わるのかって、ちょっと興味がありました。どうでもいいことかも知れませんけどね。

そこらへんの謎も解明されて良かったです。

なんだかおかしな感想になってしまいましたけど、知りたかったことをピンポイントで解明してもらって、嬉しかったもので。

あ、それから。

本のタイトルにもなっている『壮心の夢』という言葉は、前野長康が読んだ漢詩からとったものだそうです。

『壮心の夢』に収録されている他の作品、目次についてはコチラをどうぞ。
author:あーりー, category:戦国時代(前野長康の歴史小説), 16:13
-, -, pookmark