RSS | ATOM | SEARCH
『もののふ』 柴田 錬三郎(著)
もののふ (ランダムハウス講談社 し 1-6 時代小説文庫)
もののふ (ランダムハウス講談社 し 1-6 時代小説文庫)
柴田 錬三郎(著)

源平時代、室町時代前期、戦国時代、江戸時代、幕末、明治などを生きた様々な人々の命の燃え方をとらえた短編集です。

織田信長、豊臣秀吉、徳川家康、武田信玄、明智光秀、斎藤道三、太田道灌、清川八郎、源義家その他、多くの人物のエピソードが語られています。

骨太です。

とくに、印象深かったのは次の2作品。

まず『生命の糧』です。

武士になりたいと望み、出世のためがむしゃらに突っ走った農民の茂平。しかし茂平は初めてのいくさであっけなく敗れ、傷いて倒れます。

瀕死の状態の茂平は、妻がくれたお守りを思い出します。彼はその中身を見て、涙が止まりませんでした。

今まで身近すぎてわからなかった大切なものの存在に気づいた時には、もう手遅れだという厳しい現実が、哀しいです。

次に『斎藤道三残虐譚』。

「智慧の働き」に絶対の自信を持つ道三が、みごとな奸計によって出世を重ね、ついに美濃一国を手に入れます。

手の込んだ奸計は痛快でありながら、正直身震いするほど恐ろしくもありました。
author:あーりー, category:短編小説, 11:03
-, -, pookmark