RSS | ATOM | SEARCH
異説 晴信初陣記
「異説 晴信初陣記」は武田信玄(晴信)の初陣を題材にした小説で、新田次郎の短編集『武田三代』におさめられています。

<あらすじ>

16歳の武田晴信(信玄)は、父・武田信虎から海の口城の攻略を命じられます。海の口城は天然の要害。簡単には陥とせません。それでも晴信はみごとな采配で攻城戦をすすめていきます。作戦はうまくいっていました。しかし、晴信は違和感を覚えます。自分は誰かにあやつられている、という違和感です。

<感想>

名将“武田信玄”誕生の瞬間が描かれています。家臣たちの心が暴君・信虎から離れ、晴信に向けられていく様子がシビアでもあり、痛快でもありました。

『武田三代』に収録されている他の作品、目次についてはコチラをどうぞ。
author:あーりー, category:戦国時代(武田信玄の歴史小説), 13:46
-, -, pookmark