RSS | ATOM | SEARCH
武田三代 信虎の最期
武田三代 (文春文庫)
武田三代 (文春文庫)

新田次郎の短編集『武田三代』におさめられている「信虎の最期」を読みました。

<あらすじ>

タカ狩りのとき、タカの扱いが悪いという理由で部下を斬る。

その帰り道、吠えついてきた犬の飼い主を斬る。

さらに、それを制止しようとした部下2人を斬る。

武田信虎の狂刀は、おさまる気配がありません。武田信虎はとうとう家臣に愛想をつかされ、計略によって国を追われてしまいます。

その信虎が33年ぶりに武田領へと戻ってきました。家臣たちは動揺します。信虎は家臣たちとの面会の席でまたも刀を抜きます。

<感想>

『武田三代』には全部で7つの短編が収録されています。「信虎の最期」は昭和50年に発表されており、7編の中で一番最後に書かれた作品です。長編小説『武田信玄』よりもあとに書かれたということになりますね。

武田氏の戦術・戦略を著した軍学書「甲陽軍鑑」には、信虎の死のことが書かれています。

そこにはただ“信虎公やがてご他界なり”と記されているだけです。この一行をふくらませたのが、短編「信虎の最期」です。

信虎が武田家臣団に毒舌を浴びせるシーンがあります。面と向かってあの武田家臣団をこうもコキ下ろせる人物は、信虎しかいないように思います。

見せ場は、なんといっても信虎の死の真相です。最後のサプライズでこの短編がいっそう引き締まった印象を受けました。

『武田三代』に収録されている他の作品、目次についてはコチラをどうぞ。
author:あーりー, category:戦国時代(武田信虎の歴史小説), 23:54
-, -, pookmark
武田信虎
武田三代』の最初の短編「信虎の最期」を読み終えました。感想はまたのちほど〜。
author:あーりー, category:雑記, 00:07
-, -, pookmark
NHK大河ドラマのDVD&原作小説
2009年 天地人(原作
2008年 篤姫(原作
2007年 風林火山(DVD)(原作
2006年 功名が辻(DVD)(原作
2005年 義経(DVD
2004年 新選組!(DVD
2003年 武蔵(原作
2002年 利家とまつ(DVD
2001年 北条時宗(DVD
2000年 葵 徳川三代DVD
1999年 元禄繚乱(DVD
1998年 徳川慶喜
1997年 毛利元就(DVD
1996年 秀吉
1995年 八代将軍吉宗(DVD
1994年 花の乱(DVD
1993年【下期】 炎立つ(DVD
1993年【上期】琉球の風
1992年 信長
1991年 太平記
1990年 翔ぶが如く(DVD
1989年 春日局(DVD
1988年 武田信玄
1987年 独眼竜政宗(DVD
1986年 いのち
1985年 春の波濤
1984年 山河燃ゆ
1983年 徳川家康
1982年 峠の群像
1981年 おんな太閤記
1980年 獅子の時代
1979年 草燃える
1978年 黄金の日日
1977年 花神(DVD
1976年 風と雲と虹と
1975年 元禄太平記
1974年 勝海舟
1973年 国盗り物語(DVD
1972年 新・平家物語
1971年 春の坂道
1970年 樅の木は残った(DVD
1969年 天と地と(原作
1968年 竜馬がゆく(原作
1967年 三姉妹
1966年 源義経
1965年 太閤記(原作
1964年 赤穂浪士(原作
1963年 花の生涯

その他 歴史ドラマ・映画のDVD
映画版 大奥(DVD)(小説
竜馬がゆく(DVD)(原作
新撰組血風録(DVD
燃えよ剣(DVD)(原作
関ヶ原(DVD)(原作
風神の門(DVD
尻啖え孫市(DVD
戦争と平和(DVD)(原作
三国志 人形劇(DVD
author:あーりー, category:DVD, 23:43
-, -, pookmark